ライフスタイル

睡眠の質を改善することで大幅に充実した日々に!とっておきの方法紹介

夜の自分時間をギリギリまで楽しみつつ、睡眠の質を高めて充実した日々を送れるようになる方法を今回は紹介します。

次の日に、よく眠ることができた!と爽快感になりたいあなたにぜひ読んでいただきたい記事となっております。

睡眠の質を改善する方法!仕事効率が本当に上がる?

限られた生活時間の中では、自分だけの時間はどうしても、寝る1~2時間前に集約されてしまいます。そのため、その時間を利用してYouTubeやネットサーフィンを楽しんでいますが、楽しくなってくると、ついつい脳が興奮してしまい、「寝るのがもったいない」「寝たくない」という感情が沸き上がってきてしまいます。

また、仕事の終わり時間が遅くなると、寝る時間を余暇の時間に充てたいと思ってしまいます。
学生の頃は体力もありましたし、次の日に眠気が残っていてもそつなくこなしていましたが、社会人になり、次の日の仕事に影響が出ることが気になり始め、寝る直前まで楽しい時間を過ごしてもしっかりと寝られるように、睡眠の質を改善する方法を探しました。

自分のルーティンを決めて、体に寝る準備をさせるのが一番効果的

睡眠改善についていろいろと調べたところ、寝る前に自分のルーティンを決めて、体に寝る準備をさせるのが一番効果的だと気づきました。
私の場合はPC作業をしている場合には、PCを閉じた後に必ず日記をつけるようにしています。
また、ベッドに入った状態で、スマホでYouTubeを楽しんでいる場合、そろそろ寝ようかと思ったときに、YouTubeで10分程度のストレッチや体操を探して行います。その後に、布団に入った状態で10~15分程度の睡眠誘導瞑想の動画を流しながら寝るとスムーズに寝られました。
睡眠誘導の動画には瞑想だけでなく音楽や自然の音などいろいろな種類がありますが、私の場合にはピアノなどの音は高音が耳に残り、逆に目が冴えてしまいました。自然音の中でも雨の音は比較的寝付きやすくなるのに対して、波の音は目が冴えてしまうなど、それぞれに相性があるようです。自分に合った音楽を探すのが一つのポイントになると思います。

ストレッチと瞑想だけ

以前は、寝付くときに悩み事や考え事が頭に浮かんでしまい、寝つきが悪いことが多かったのですが、日記をつけるようになり、頭の中がすっきりとした状態で寝つけるようになりました。

ズボラなので日記をつけるのが面倒なこともありますが、その場合にはストレッチと瞑想だけでも十分に睡眠の質が改善されます。

ストレッチと瞑想を始めてからは、睡眠時間が4~5時間程度と短くても翌日にすっきりと起きられるようになり、睡眠の質が上がったと感じます。

そうは言っても「ストレッチをするのは面倒」という日もあり、瞑想動画を流すだけのこともありますが、その場合でも最近は瞑想を行うだけでも寝つきが良くなり、ルーティンによって寝つきがスムーズになっていると感じます。

パフォーマンスが向上

就寝前のルーティンを作ることで睡眠の質が改善され、翌日のパフォーマンスが上がります。

一般的に言われる睡眠改善方法ではスマホやパソコンの画面は寝る1~2時間前には見ないことが推奨されますが、私としては寝る直前までのスマホは我慢できませんでした。しかし、それを我慢しなくても、睡眠の質を改善する方法を見つけることができました。

また、日記は用意をしなければなりませんが、ストレッチや睡眠誘導音楽、瞑想動画はYouTubeで無料で配信されているので、コストがかからないのでおススメです。

日記にしても動画にしても、簡単な方法で睡眠の質を変えられることがメリットです。

改善策

睡眠誘導音楽や瞑想動画については自分に合った動画に巡り合えるかが重要になるため、それが見つかるまでは色々な動画を見て試してみる必要があります。また、簡単な方法だからこそ、面倒になってしまい続きにくい場合もあります。

続かなくても、また再開しやすいというメリットはありますが、習慣化できるまでには少し時間がかかるため、効果を実感できるまでの1~2か月程度はあきらめずに続ける必要があります。

最近は音楽の途中で広告が入る動画は少なくなっていますが、ものによっては音楽の途中で広告が入り、その音でびっくりして目を覚ましてしまうということもあります。

まとめ

夜の自分時間をギリギリまで楽しみつつも、翌日すっきりと目覚めたい方におススメです。
インターネットが娯楽になる時代に、寝つきが悪くなるからこれを我慢しなければならないというのは、どうしてもストレスになると思います。それを解決する方法として、自分のルーティン作れる方にはおススメです。

また、簡単な方法やコストをかけずに睡眠の質の改善をしたい方にも、簡単に試せる方法なのでおススメです。

寝具を良いものにしたり、自分に合った枕を買うといった方法も取れますが、どうしてもコストがかかってしまうため、コストをかけずに簡単な方法で試してみたい方には良い方法だと思います。

睡眠の質を改善する方法については、特殊なものではないため、一般的な寝つきの悪い方にも試していただける方法になっています。