ライフスタイル

単語・発音を意識せずとも増やしていくテクニック|英会話はTED Talkのみ

私のおすすめの勉強法は英語初級から中級レベルの方向けです。また上級レベルの方でもご自分の英語力だけではなく英語で最新のトピックを学ぶという点においてとても効果的と言えます。

それはTED Talkを繰り返し見ることです。単語数から発音まで意識せずとも増えていくと思います。

TED Talkのみで聞き取りできないレベルを克服した体験談とは?

私の場合まず英語を聞き取ることができない点が一つと、その後に答えたい内容をすぐに英語に変換することができないという二つの点が大きな悩みでした。

大抵の場合、全部しっかり聞き取らなければいけないという強迫観念から焦って失敗してしまっていたことが多かったように思います。日本語と英語は文法から発音まで大きく異なるため話すことにもよりプレッシャーがかかります。

よくアイルランドの友達と話をする時、あまりに早口で喋るので何を答えてよいのかすら分からずひたすら笑っているなんてことも多々ありました。

数ある失敗エピソードの中で一番辛かったのは、そうして笑って簡単な受け答えだけでやり過ごそうとしていたとき、話していた相手の人から冷たい視線で何か軽蔑するようなことを言われた時でした。

楽しみながら英語学習をできるからTED Talkが良い

私のおすすめの勉強法はユーチューブなどでTED Talkを繰り返し見ることです。まず無料で楽しみながら勉強する事ができるので、長期間継続することが可能です。

またどの英語レベルの方でも、単語数や発音、新しいフレーズなど総体的に底上げすることができると思います。また私はよくTED Talkを見る際に字幕を最初は日本語で、慣れてきたら英語に変え、最終的に字幕なしで見るという習慣をつけていました。

字幕に頼ってばかりいるとそこだけを見てしまうので、内容をある程度理解できるようになったら、字幕なしで見ることがおすすめです。さらにTED Talkでは多くの知識人の方が最新のトピックを短い時間の中に凝縮して伝えてくれているので、新たな知識を生きた英語で取り入れることができます。

一番大切なのは単語と知識

リーディングと言って何が一番大切になってくるのかというと、単語と知識です。多くの方が単語さえ知っていれば大丈夫だろうも思われるかもしれませんが、全ての単語を網羅することはネイティブレベルにならなければできません。

また全く知らない内容が出てきた際、単語を知っているというだけでは想像できない場合も多々でてくるでしょう。とにかくリーディングで良い結果を得たいと思うならば、単語の数を増やしていくことと、世界の時事トピックをさらっていくことが大切です。

全く何もわからないから想像をするというレベルから抜け出すことができれば、少しずつ長文を読み進めていくことも苦にならなくなっていきます。また単語もできる限り専門性の高いものを少しずつでも良いので見ておくもと良いと思います。

リスニングはメモをすることが大切

リスニングのコツは一言一句間違わずに聞こうとする癖を捨てることです。自分の母語を喋っている時にも、相手の言ったことを全て聞き取っているわけではありません。その文章の中で鍵となるポイントを無意識のうちに拾っているのだと思います。それを英語に置き換えて考えてみてください。

同じようにキーフレーズや重要な単語が聞こえたらそれをメモしておいたり覚えておくことが必要です。そうしておくことによって、リスニングの場合はリーディングと違ってある程度推測することが可能になります。

聞き逃してしまって頭が真っ白になったということも皆さん経験があると思いますが、深呼吸をして次に備えればこういったこともある程度大打撃になる前に状態を立て直すことができると思います。

TED Talkをもっと効率的に使う方法とは

まずは先程述べたように、TED Talkを繰り返し見ることです。ネイティブの生きた英語を自然に吸収していき、自分でも知らないうちにリスニングやスピーキング、リーディングなど多方面で有効な力をつけることができます。またその際、文法をさらいたくなる時が出てくると思います。

そのときにおすすめしたい参考書がGrammar in Useです。これはネイティブの方が作ったもので、日本の英文法の解釈の仕方とはまた異なっています。感覚的に英語を理解したいという方にはうってつけの教材だと言えます。私もこれを使って、どうしても理解しにくい所や分かっていてもどう使ってよいのか分からなかった部分を学びなおしていました。

TED Talkのメリットは楽しさ

先ほど紹介した二つの教材の共通したメリットは、英語を楽しく感覚的に学ぶことができるという点です。

私を含めた多くの方が経験していることだと思いますが、英語だけでなく第2、第3言語といった母語以外の言語を学んていく際に楽しくないという気持ちのまま進み続けることはできません。

必ずその中に楽しさを見つけることが重要になります。そういった点からも、机に向かってノートに復習していくといった勉強法ではないので、より楽しくより長く続けられると思います。これら2つのデメリットとしては、英語を理論的に理解したいと言う方にはあまり好きな学び方ではない可能性があるということです。

どちらも理解するという点では頭をフル回転させる事が必要になりますが、少し感覚的な部分を重点的に刺激していくため、その方法には合致しない方もでてくると思います。

終わりに

私が紹介した学び方を楽しいと思う事ができた方には、とても効果的な方法であると言えます。自分の英語力を上げたいと思ったら、まずは自分にはどの絽ような方法が合っていて、どんな悩みがあるのかを細分化して把握しておくことが必要になってくると思います。闇雲におすすめされた教材をひたすら反復していくたけでは、モチベーションを保つことも難しくなるでしょう。

もし今までの英語の学び方で失敗した経験があるという方はぜひ先ほど紹介した学び方を試してほしいと思います。