旅行

【ロサンゼルス観光地】絶対行くべきスポット+[得する情報]

海外旅行で有名なロサンゼルスの紹介です。海外経験からロスの有名と言うか絶対に行くべきエリアと海外旅行する際にこれだけは知っておいたほうが良い!得する情報を紹介しますので参考してください。

海外[ロサンゼルス]おすすめ2選・知っておくと得すること紹介

私は留学で初めてロスに行きました。アメリカで大学を卒業するためです。最初から迷いもなくロスに行くことにしていました。その当時観ていて夢中になっていたリアリティショーの影響です。

ファッション、恋愛、フード、すべてが日本にはない新しいものに見えたからです。新鮮さや刺激が欲しかったのかもしれません。なによりテレビ越しでみたロスの青い空、長く続くビーチ、サーファー文化にとても魅了されました。

私自身も日本では有名な海沿い出身なのですが、やはり日本とは全然違うなと思いました。若いうちに自分の目で見て確かめたいという思いから海外に行こうと決めました。

親も英語が話せるようになるなら問題ないと賛成してくれたからです。日本とは全く違う世界をみることはそれ以降とても役立ってくると思います。それが海外に行くことになった理由です

ロサンゼルスはビーチが絶対におすすめ

ロスのおすすめはなんといっても、ビーチです。世界的に見ても有名なサーフスポットがあり、毎日早朝から暗くなる夕方まで沢山のサーファーがロスを訪れます。

サーフィンだけでなく、場所によっては犬が遊べるドッグビーチや、少し中に入ったところには波がない静かなビーチがあるので、カヤック、サップ、またこれはロスらしいですが、たくさんのモデルさんやインスタグラマーの方がポージングしている場面に出くわします。

中でもおすすめのビーチはベニスビーチです。海で泳がない人でも、一度訪れるとその雰囲気に圧倒されると思います。

海辺には沢山の露店が並んでいたり、大道芸人の方がアクロバティックな技を披露していたり、元々ヒッピーが沢山いるので様々なアーティストの方が自分の芸術作品を販売しています。ロスの陽気さが一目で分かるおすすめの場所です。

本場のディズニーランドもおすすめ

きっとこの場所はたくさんの日本人観光客の方が行きたいと思っている場所なのではないでしょうか。ディズニーランドパークです。

日本と同じく二つのパークが隣り合わせになっているので、どちらに行くかを下調べをしておくと良いです。どちらもとにかく大きくて広くて、一日あっても回り切れないくらいです。

日本と違って乗り物の待ち時間がそれほど長くないです。皆さん思い思いに行動していて、レストランのほうが混んでいる時もあります。

そして、人気なディズニーキャラクタも日本とは違う印象を受けました。日本だとミッキーマウスが常に人気キャラクターの上位にいますが、ミッキーよりもライオンキングなど映画で有名なキャラクターが人気だと感じました。

日本と同じ乗り物も沢山あり、比べて乗るのも楽しいと思います。

安全面に注意

海外旅行で必ずしてほしいことは、犯罪や安全面での気持ちを一新することです。平和な日本生まれの私たちにとってそういった事に目を向けることに慣れてない方がとても多いと思います。

そして自分は大丈夫、という気持ちは捨て、自分のことは自分で守るという強い気持ちが必要になります。

スリ、恐喝は日常茶飯事に起きます。旅行だから少しお洒落な服を着たい、という気持ちすごく分かります。

しかし、目立ちすぎも良くないです。今の時代インスタ等のSNSでリアルタイムの写真が見れるかと思います。

季節感だったり、現地の人がどういった服装をしているのかチェックするのも良いかと思います。そしてロスでは多いのですが、一つ路地を入ると全く違う雰囲気の道に出くわすことも多々あります

周りの様子をうかがって、危ないなと感じたらその場からすぐに遠ざかることが大切です。

英会話初心者が1ヶ月で英語を話せるようになった簡単な勉強法紹介・おすすめアプリ

まとめ

私が海外旅行に行って、空港について一番にすることは、現地のSimカードを購入することです。契約も簡単な言葉ですぐ済ませるし、なによりWi-fiと比べると断然安いと思います。

たまに現地のレストランで席が満席の時、席が空く30分前に携帯に電話してくれるサービスがよくあります。そういう時に現地の電話番号があるととっても役立つと思います。またマップを使いたいときにも重宝します。

英語の勉強は旅行に行く前に少し予習していくのがベストだと思います。何かをオーダーするときなど、細かい要求があるときに役立ちます。またお互いが意思疎通出来ずにトラブルに巻き込まれることもあります。そういった時にやはり話せると有利だと私は考えます。

今回の紹介した内容をぜひ参考にしていただき、海外ライフをぜひエンジョイしてください