お得/話題/情報

映画【デットプール】[あらすじ・考察・感想]続編について・無料視聴可能

映画「デットプール」を紹介します。U-nextにて無料で視聴できますので今回のレビュー記事を読んで気になる人はぜひデットプールを観てください。

あらすじ・感想・ストーリー内容「ネタバレ注意」まとめ。考察では続編についてまとめました。

【映画】デットプール視聴レビュー・感想

主人公のウェイドはガンに侵され恋人の勧めもあり治療を受けることになる。治療施設へと訪れたウェイドであるがそこはなんと人体改造を行う施設であったのだ。

人体を改造されたウェイドはガン細胞が自ら進化しウェイド自身ががん細胞となりスーパーパワーを代わりに得たのだ。

果たしてウェイドは体を元に戻すことができるのかというあらすじです。映画の冒頭については最初からデットプールとして悪人を倒しており、自分の体を改造した人物を探して悪人を撃ち殺しているという内容になりますので、内容的にはダークヒーローっぽいコミカルな自分勝手なヒーローのお話になり、冒頭のヒーロー衣装に身を包んだウェイドのシーンの後私が話すあらすじへとお話がシフトします。

https://soulmate813.com/eiga-doll-romance-netabare-kansou-aoiyu/

ストーリー「ネタバレあり」

単純にストーリーの流れを解説すると自分の体を元に戻してほしい主人公と、超人を作りたい勢力との攻防にX-menの教官陣営が加担して三つ巴の構想をするという内容です。

主人公サイドは体を元の健康体に戻してほしいという点で、悪人サイドは超人を作成し世界を支配したいというサイドで、x-men側の教官陣営は主人公のデットプールであるウェイドをスカウトしたいという考えです。

主人公側は仲間は昔の仕事仲間が仲間でその仲間と協力して敵の本拠地を探したり情報を集めたりしてもらうという内容で、恋人が敵にさらわれてしまうのは、デットプールである主人公が脅威であるからです。

主人公は身体能力が向上しており、再生能力があるため驚異のある対象として悪の組織に認知され始めさらわれたということです。

X-menサイドは悪人を倒すのが使命な上、ミュータントの暴走を止めるという役割もあり、主人公のデットプールと協力して悪の組織を潰してくれるというお助けキャラみたいなものですが、ネタバレをしますと、この映画、監督を雇うのにお金を使いすぎて、主人公のデットプールはあまり重火器を使えず、接近戦で敵を倒していて、本来の漫画のデットプールの様にバンバンと銃は撃たないです。

感想・おもしろポイント

インド人風のタクシー運転手がいまして後のデットプール2にもレギュラーキャラ化して登場している人がいまして、最初は普通の運転手だったんですが、だんだんとデットプールと触れ合うことで正確に変化があり、思い人の恋人を拉致するなど過激なキャラになって行っている点が面白ポイントで、主人公のデットプールは精神が異常を起こしているのに、何故かこの思い人の恋人を拉致しているシーンに関しては無反応で滑稽に見えました。

他にはX-menの教官であるコロッサスというキャラクターがいるのですが、この人物はCGで出来ていまして、厳密にいうと人にCGのモデリングを貼り付けて演じていて実際のコロッサスの人物を演じている人はコロッサスの様に大男ではない点です。

この人物も本来であればコミカルなキャラクターではなく堅物なんですがデットプールではコミカルに描かれており、原作の漫画を読んだことがある人であれば新鮮に感じたと思います。

考察[続編について】

続編も出ており話題性もある映画ですが、この映画、実は役者であるライアンレイノルズが乗り気ではなくなり初めまして3作目については残念ながら出るかどうかわからないのです。

ただ、この映画珍しくもバックトゥーザヒューチャーと同じで2作目が面白い作品でして、1作目はかなり予算が渋られて作られており、結構作品に荒がある作品です。

その為2作目はかなり予算が組まれて評価もかなり向上して3作目が望まれていますが、やはり、あまりヒーローとしては恰好が良いヒーローではなく下品であるヒーローでもあるため続編については望みとしてはかなり薄くなりつつある作品です。

ただ、原作のコミックに関しては以前に人気は高く、評価も高い作品ですのでひょっとしたら役者を変更してでもやろうと思えばできる作品ですから子のデットプールについては映画としても面白く今後に関しても期待をすることができる映画です。

ただ、今後この馬鹿っぽい内容で映画が作られるかどうかは未知数であると言えます。

好き嫌いが分かれる映画

馬鹿っぽい映画を探していてヒーロー像に関して寛大な人にお勧めです。その為、ヒーローが平気で人を撃つなどの他下品なことを言うのが嫌であるという方には絶対に向かないです。

後、マーブルコミックの映画ですので、アメコミに興味が無いと話についていくことが難しいかもしれないのでまずは、アメコミを見て興味がある、もしくはアメコミを見たことは無いが興味があるという方であればおすすめできますし、作品自体ノリが軽いので、こういった趣旨なんだと理解できればそれなりに楽しめると思います。

かなり好き嫌いが分かれる可能性が高いですが、アメコミが好きであればおすすめできます。現在u-NEXTにて視聴できますので興味のある人はU-nextから無料で動画を観てください。