お得/話題/情報

映画【ロマンスドール】あらすじや見所[ネタバレ注意・蒼井優と高橋一生のラブシーンがすごい?]

映画【ロマンスドール】の紹介です。2020年1月24日に公開の映画されました。この記事内ではあらすじやネタバレ注意で結末やストーリーの内容に触れてます。

この映画の見所はなんと言っても蒼井優と高橋一生のラブシーンでないでしょうか?ロマンスドールの脚本を知っている人ならこの作品内容がどれほどのものかご理解いただけると思います。

その内容をリアルに演じるとなるとラブシーンは外すことができないですね。そして今、そんなラブシーンがすごいと話題になっています。

 

映画「ロマンスドール」あらすじ・ネタバレありの結末は?


映画『ロマンスドール』特報

美術大学の彫刻科を卒業し、フリーターをしていた北村哲雄は先輩の紹介で擬似的なセックスをする為の人形、ラブドールの製作をする会社に就職します。そして美術モデルとして胸の型取りをした小沢園子に一目惚れし、強烈な恋に落ちます。

そして2人は結婚し夫婦となりますが、哲雄は園子にラブドール製作をしていることを隠し、医療関係の仕事をしていると嘘をついています。

そして一見完璧な妻である園子も哲雄に言えないとある秘密を抱えていました。お互いに嘘をつき秘密を抱えながら平和な生活を続けていく2人。

時がたつにつれ、哲雄は仕事に没頭するようになり、2人の関係は少しずつ変化していきます。風変わりな設定で、純愛と性愛が織りなす夫婦の物語の結末はー?

ストーリー「結末」

一見、愛し合い平和な生活をしている夫婦。けれど夫(北村哲雄)は医療関係の仕事をしていると偽りながらラブドールを作る仕事をしており、可憐な妻(北村園子)も夫には言えない秘密を抱えています。

愛し合う2人がお互いに嘘をつき、秘密を抱えながら物語は進行し、2人は少しずつすれちがっていきます。

2人の出会いはラブドールの制作にあたり、人間から型取りした方がいいのではと提案を受けた哲雄がバストの型取りに美術モデルとして来た園子に一目惚れしたのがきっかけでした。美しく完璧な園子にすぐに強く惹かれ、純愛に近い感情を抱いた哲雄。そして2人は結婚します。

平穏な夫婦生活は5年が経過し次第にラブドールの制作に夢中になるあまり、哲雄の帰宅は遅くなり、浮気までします。そして夫婦はセックスレスとなっていき、園子は不安を抱くようになり葛藤するようになります。

そして2人の間に亀裂が入ってゆく中、園子が実は哲雄の本当の職業を知っていた事、彼女が癌である事までが判明してゆきます。

自分は死んでしまう人間だから別れて欲しいという園子と絶対に別れないと言う哲雄。ラブドールを題材に現代の恋愛と性愛と結婚が表現されます。疑似恋愛とセックスをする為の対象としての人形に生身の体と心はどう反応するのでしょうか。

見所はラブシーン!

2019年に結婚し、演技派女優として定評のある蒼井優の透明感あふれる独特な存在感と、人気絶頂の二枚目実力派・高橋一生が「ラブドール」をめぐる夫婦の純愛を演じるというのが見どころでしょう。

お互い個性派である蒼井優と高橋一生が秘密をそれぞれ隠し持つミステリアスな空気。そしてその秘密が明らかになっていく過程と結末はやはり楽しみです。

原作・監督のタナダユキは蒼井優が主演した「百万円と苦虫女」で第49回日本映画監督協会新人賞を受賞しており、蒼井優も芸術選奨新人賞映画部門を受賞しています。

蒼井優の可憐な魅力を存分に引き出した同監督は今回の作品で蒼井優の魅力をまた見せてくれます。タナダユキは第37回トロント国際映画祭に正式出品した「ふがいない僕は空を見た」でやはりセックスと愛に悩む主婦の姿を見事に描き切っています。

そのタナダユキ監督が馴染み深い蒼井優と旬の高橋一生をどのように映し出しているかも魅力の1つです。

蒼井優と高橋一生が「リリィ・シュシュのすべて」以来の18年ぶりの共演を果たすと言うのも見所でしょう。

現代の恋愛とセックスーピグマリオンへの考察

この映画はロマンスドールという男性が疑似恋愛・セックスをする為の道具として用いる人形をモチーフにしており、男性が草食化しており、娯楽にあふれ性が希薄化していると言われる現代の純愛とセックスを描いていると言えるのではないでしょうか。

完璧なまでに美しく清楚で見事なバストを持った生身の女性を妻としながら、ラブドール作りに没頭するようになる夫の、芸術家らしい姿は逆ピグマリオンのようだとも言えます。(作った人形に恋をし、その人形が人間になる物語)

現代はアニメ、フィギュア、それこそラブドールなど、逆ピグマリオンがあふれる世の中なのかもしれません。人形のように独特に透明感があり、それでいて生々しい存在感を放つ蒼井優という女優はこの物語にふさわしいと思えます。

物語はまさに逆ピグマリオンというべき結末(妻の死)を迎え、夫は妻そっくりのラブドール作りに夢中になるのですが、それは虚像に恋し、完璧を求めるあまりに1番大切な「命の美しさ」を失ってしまうのではないか、と現代に警告を鳴らしているようにも思えました。

ヒロインが亡くなっており、原作も完結しているので続編はないと思いますが哲雄のその後という事で続編が見てみたい気もします。

恋愛に悩む人・夫婦生活に葛藤する人におすすめ

今、難しい恋愛に悩み、迷ったり、夫婦生活の中で「理想の形」を求めてしまう人たちに見て欲しいと思います。

恋愛をしていたり、結婚生活を送っていると、理想の恋人、理想の夫、理想の妻、理想の彼氏、理想の彼女ーそういった存在になろうと努力したり、そういう存在を求めがちですが、生きている人間には汚い部分も隠していたい部分もあり、そして乗り越えていかなくてはいけない別れや死もあります。

完璧を求めるあまり息苦しくなり相手や自分を追い詰めてしまいがちな現代人。こうあるべき、という理想にとらわれず、ありのままの相手や自分を愛せるよう、恋愛するすべての人におすすめの映画です。