お得/話題/情報

映画【近キョリ恋愛】あらすじからネタバレ・考察「教師と生徒の恋愛について」

映画【近キョリ恋愛】についてあらすじからネタバレ注意のストーリーまとめ。また、内容を知っている人なら気になる考察シリーズ。

教師と生徒の恋愛について。禁断であると思いますが、その中私が思うことをまとめました。

映画【近キョリ恋愛】・あらすじ

プライドの高い英語教師と、優等生ながら英語だけが苦手で感情表現が苦手な女子高生の禁断の恋の物語です。

ストーリーは二人が学校で出会い、英語が苦手な女子高生に、英語教師が補習を持ちかけ、二人で教室で授業をするようになります。

女子高生には教師の叔父がいてその叔父は二人が親密になることを嫌い、補修をやめさせます。補修がなくなってしまった女子高生は、どこか寂しくなるのです。

そこで初めて、自分が英語教師に好意を抱いていることを知ります。そこで思い切って告白します。その方法は、教壇の下に隠れて告白するという大胆な方法でした。英語教師はその気持ちを受け止めキスをします。

しかし、英語教師は自分が教師であるという立場を弁え、身を引くのですが、最終的には彼女の気持ちを受け止めます。

ネタバレ注意・ストーリー

ストーリーの流れとしては、女子高生が成績優秀であるにもかかわらず英語だけが苦手であるという設定から始まります。その一方、英語教師はいつも甘い香水をつけていて、イケメンで女子高生たちからチヤホヤされていました。

しかし、主人公の女子高生は彼に対して嫌悪感を抱いているのです。ある日の試験を受けて英語の成績だけが悪い主人公に対して、英語教師が補修をすることを押し付けます。

その中で、英語教師は彼女が感情表現がうまくないことを知り、いろいろな感情に対して、独自の仕草をすることに気づきます。

その後、とある事情で彼女の補修は中止させられますが、その時に彼女は物足りなさを感じて、初めて英語教師に恋していることを実感します。

その後は、彼女は大胆にも、教壇の下に隠れて、ノートに「先生が大嫌いで大好き、どうしたらいい?」と記載して見せるのです。

そして、教師は彼女にキスをしますが、この様子は英語教師の元カノである女性教師に目撃されていました。

一度は、女子高生に対してキスという形で、受け入れましたが、元カノに指摘を受け、教師と生徒の恋は禁断であると判断し身を引くようになります。高校の卒業間近になると、女子高生は海外への留学をします。

英語教師は彼女が海外に行ってしまったことで、失った物の大きさを知ります。ある日、主人公の女子高生は一時帰国しますが、その時に英語教師と彼女は海辺でお互いの気持ちを確かめ合います。

キャスト

  • 櫻井ハルカ – 山下智久
  • 枢木ゆに – 小松菜奈
  • 的場竜 – 小瀧望(ジャニーズWEST)
  • 名波菊子 – 山本美月
  • 滝沢美麗 – 水川あさみ
  • 明智数馬 – 新井浩文
  • 佐藤咲 – 佐野和真
  • 吉田芽衣 – 古畑星夏

感想・みどころ

この映画の見所は、イケメン俳優の山下智久が英語教師役をしており、可愛らしくて話題な小松菜奈さんが共演するところが見所です。

また、テーマも女子高生と教師の恋という禁断な恋がテーマになっているのもおすすめポイントです。

また、英語教師が主人公の女子高生のために、オリジナルのテキストを作り、そのおかげで彼女の英語力が次第に上がっていくところも見所です。英語教師に観察力があり、その女子高生の癖などを見抜き、彼女の気持ちをその先生だけが理解しているところも魅力です。

また、山下智久さん演じる英語教師が、いつもクールな雰囲気を醸し出しているのに、その女子高校生だけに対しては心を開いていき、自分の父親との思い出、自分の父親が「青い夕日がある」と嘘をついていたことなどを語ります。

英語教師が本当は女子高生のことが好きなのに、あえて突き放すという切ないストーリーも良いです。

最も感動的なことは、女子高生が留学中に英語教師の父親が言っていた「青い夕日」が実際にあることを見つけて、彼にそれを伝えるところです。

考察「教師と生徒の恋愛は本当に禁断なのか」

このテーマは、高校生についてはとても興味深いテーマなのではないでしょうか。法律的には、肉体関係を持たなければ、法に触れることはありません。

しかし、学校としての規律が保てないかもしれないので注意が必要そうです。個人的には教師と生徒の恋愛は、プラトニックな関係であれば良いのではないかと考えます。

https://soulmate813.com/los-california-disney-akinai-osusume-kankouchi/

こんなイケメンの教師が実際にいるのか?

これに関しては、ケースバイケースだと思います。学校によっては、イケメン教師もいるかもしれません。

この映画のようにイケメン教師が実際にいたとしたら女子高生の間でも人気者になりそうです。その一方、実際の女子校などではあまり若い教師はいないという実態もあります。

放課後の補修は妥当だったのか

映画のストーリーを見る限り、主人公の女子高生の成績は、確かに他の強化と比較すると英語が点数が低かったのですが、補修をするまでには至らない気がしました。

もしかしたら、当初から英語教師はその女子高生に対して好意を持っていたのかもしれません。

誰におすすめしたい映画?

この映画は、教師と生徒の間の甘く切ないラブストーリーですので、実際に高校に在学している女子高生などが見ると、親近感を持ってみられるのではないでしょうか。また、実際に教壇で授業をしている教師が見たとしても、自分の立場に置き換えて、いろいろと考えさせられると思います。

その他の人が見たとしても、自分の学生時代などを思い出し、どこか懐かしい気持ちになるかもしれません。

男性にも女性にもお勧めできます。もちろん、山下智久や小松菜奈のファンの人にもおすすめです。最終的にはサクセスストーリーですので、安心して視聴できます。