お得/話題/情報

ドラゴンクエストタクト|プレイしてわかったことはレベル上げしかすることない?世界観まとめ

ドラゴンクエストタクトの情報が知りたい方・ドラクエ好きな方へ。

ドラゴンクエストタクトというドラクエのスマホアプリを本日は紹介します。ドラゴンクエストタクトのアプリゲームの内容・攻略のポイント・プレイした感想をまとめました。

ドラゴンクエストタクトはドラクエの世界観が好きな人におすすめのゲームとなっております。ただし、序盤で張り切ってやり込んでしまうと後から後悔するハメに。私の体験談をまとめます。結論として現状レベル上げしかすることないです。

ドラゴンクエストタクトとは?実際にプレイした感想まとめ

スクウェア・エニックスより配信されているスマートフォン向けゲームです。

最近はタクティカルRPGといいますが、元々シミュレーションRPGといわれるジャンルのゲームシステムです。

マス目を移動しつつ戦う、チェスや将棋のような感じです。キャラクターごとに技を持っているので、うまく戦略を立ててゲームを有利に進めることができます。

それを往年の人気ゲーム作品「ドラゴンクエスト」を題材に作成しています。

基本的なゲームの作りは、ほかの多くのゲームアプリと同様、ガチャを引き、キャラクターを集め、合成やレベルアップで強くしてミッションをこなしていくのですが、ドラクエの世界観を元にしたオリジナルストーリーで、作品のファンが楽しめるようになっています。

また、内容が倫理的に子供が見ても問題ないようになっているので、家族で楽しめるゲームアプリだと思います。

ドラゴンクエストタクトの魅力

とにかくキャラクターがかわいいと思います。

ドラゴンクエストのモンスターは、それだけでゲーム化されるほど人気がありますが、ドラクエタクトでは動き(モーション)がかわいく、巨体のキャラクターがフラダンスを踊っていたり、手だけのモンスターがメロイックサインをしていたり、オリジナリティがあるのが魅力の1つです。

あとは、人を選ばない、プレイが難しくないところが、子供でも楽しみやすい良いところだと思います。

最近のゲームらしく、オートプレイや、経験値やドロップアイテム目当ての巡回がしやすいシステムが導入されているため、隙間時間に効率的に進めることができます。

タクトを振ってモンスターを操り戦闘を行うのがゲームのポイントですが、戦闘中の動きや技、エフェクトのクオリティが高いのでオートプレイを観察しているだけでも楽しいです。戦闘AIもよくできているなと思います。

序盤で強いキャラを入手すること

とにかく序盤に強いキャラを引いておくのがコツです。スマホゲームには、チートと思うくらいずば抜けて強いキャラが存在するゲームがほとんどです。

また、同じキャラクターを何度も手に入れることで、キャラクターの強さが底上げされるので、できるだけセレクトガチャで狙ったキャラを引きまくります。

強いキャラを持っておくことで、難易度の高いミッションをこなすことができるので、経験値も多く稼ぐことができます。

ドラゴンクエストタクトの場合、イベントキャラクターはイベントミッションをこなすと必ず手に入るようになっているので、比較的キャラクターを育てやすい作りになっていると思います。

あとは、毎日ログインをしてログインボーナスや、回数限定ミッションで経験値を稼いでレベルを上げていくという、地道な作業が攻略のコツです。

イベントをコンプリートするとレベル上げしかすることがない

楽しくプレイしているのですが、ストーリーイベントをコンプリートしていしまっているので、あんまり目新しい楽しさがありません。

イベントが開催されますが、原作ナンバリングタイトルのコラボ等が好きなのもありますが、オリジナルストーリーよりも原作に忠実な内容の方が盛り上がるのでは、と思ってしまいます。

あとは、いたずらに設定の高いミッションが用意してありますが、レベルをただ上げるだけの作業が辛く、モチベーションがあがりません。

挙動に関しては、長時間プレイしていると動作が遅くなるので、その辺りは改善頂けるといいなと思います。

ドラクエの世界観を楽しみたい人向け

一番楽しめるのは、ドラゴンクエストシリーズのファンだと思いますが、世界観がハマれば、だれでも楽しめると思います。遊び方が一般的なアプリゲームと同じなため、ドラゴンクエストを知らなくても問題ありません。
・過去にドラゴンクエストシリーズ(モンスターズ等を含む)をプレイした人、作品のファン
・スマホゲームが好きな人
・すきま時間にゲームアプリをプレイしたい人
・キャラクターなどを収集することが楽しい人
といったところでしょうか。

ただ、遊びが少し単調なため、どちらかというと子供向けなのではないかと感じます。

やりこんでしまうと、結構早めにやることがなくなってしまったり、経験値をあげるための作業ゲームになりがちなので、複数のアプリゲームを掛け持ちしているタイプの方や、暇つぶしをしつつドラクエの世界観やゲームを楽しみたい人向けだと思います。