お得/話題/情報

シャドウバース|流行りも相性の良いデッキ作りがコツとは?奥が深い頭脳ゲームまとめ

カードアプリが好きな方・シャドウバースの良いデッキについての情報が知りたい方へ。

シャドウバースは世界観がすごいカードゲームです。1対1のゲームでお互いにライフを20持ったところからスタートします。簡潔に説明するとそのライフを、攻撃などのカード駆使して0にしたほうが勝ちといういたってシンプルなルールです。

今回はシャドウバースについて内容・勝つための良いデッキ作りについてまとめました。ぜひ参考にしてください。

ルールは簡単ですが、奥がとても深く、とてもよく作りこまれているので、いろいろなテーマや作戦を立てながらデッキを作っていくので、使うひとを飽きさせない使用になっております。

例えば、なるべくシンプルにかつ、素早く相手を倒す、呪文カードというのをメインにして、相手を邪魔しながら最終的に有利な環境を整えて勝利するなど様々ですね。あと、皆さんも経験があると思いますが、カードパックを開ける楽しみも味わえるので、基本的にカードゲームが好きなユーザーは楽しめると思います、

カードゲーム初心者の方もゲーム内で丁寧に教えてくれるので始めやすいです。

自分で考えて最強デッキを作る!勝利の達成感は半端ない?シャドウバースというカードゲームを紹介

なんといってもカードゲームの中でもとても奥が深いので、頭を使ったり、考えることによって強くなれるというのが魅力かなと思います。普通にプレイするのも楽しいですが、慣れてくると、もっと強くなりたいとおもいますよね。それが自分次第でどうにでもなるので面白いです。

作戦を考えて、完成したデッキで勝つことができたときの達成感はたまりません。そして、このアプリはリリースから時間がたっているにもかかわらず、今もなお、たくさんのユーザーに愛されています。

なので、対戦するときにマッチしないということがまずほぼないです。

そして、みんながそれぞれ考えたデッキを見る楽しさもありますし、負けてしまったときにも、どうして負けてしまったのか、このカードよりもこのカードをデッキに入れたほうがいいのではないか?など考えるのもとても楽しいですね。

流行りのデッキに相性の良いデッキをを作ってみよう

ある程度慣れてきたら、やはり攻略方法などが気になると思います。私の場合は、複数のデッキを作り、流行りのデッキを使う人が増える時期があります。

その時に、あえてその特定のデッキと相性のいいデッキを作っておきます。そうするとおもしろいくらいに勝てたりします

そのほかでも、最近勝てないなと負けてばかりだという方もおられると思います。その時は、迷わずお勧めの現状最強デッキや人気のデッキを調べてみましょう。ある程度考え抜かれたデッキなので、安定して戦えたり、安定して勝利をつかめます

ネットで攻略を調べてみるとわかると思いますが、親切にもデッキコードというパスワードをゲーム内で入力していただくと、作りたいデッキのレシピが自動で作成でき、あとは、自分の持っていないカードをそれを見ながら補充していくだけです。とてもストレスなく使える画期的な機能ですね。

あとはとにかくやりこむのみ。やりこんで自分で攻略法を見いだせるとなお楽しめるかと。

流行りのデッキによって、マンネリ化傾向がある

改善点としては、流行りのデッキなどが出てきてしまうと、そればかり使うユーザーが増えてしまうので、少しマンネリ化してしますかもしれません。そして、人気になるくらいですから強いので、じっくりと戦うことがなくなりますね。

そこで、ローテーションという機能があり、カード規制などをしてくれる機能があるのですが、そこでも流行りのデッキなどが決まりがちなので、なかなか冒険する方が少ないのかなとおもいますね。

あとは、一戦するのに10分前後の時間がかかるので、もう少しスムーズに使用できたらよいかと思います。演出スキップなどあればなおよいかと。

あとは、少しの時間でプレイできるイベントなどあればゆーざーを飽きさせないと思います。逆に、コラボイベントの時は、それ専用のステージなどを用意し、遣り込める部分を作るのもよいかと。

カードゲーム初心者も遊べる

このアプリは、カードゲーム好きにおすすめですね。逆にカードゲーム初心者でも始めやすいとは思いますね。

そして、作戦を立てて、頭を使うのが好きな方にもおすすめです。MTGというカードゲームがありますが、そのカードゲームに類似したようなゲーム仕様になっているのでMTGユーザーにもおすすめかと。

あとは、どちらかといえば中毒性が高いので、そういう意味でのやりこめるかたはお勧めですね。ほかにも、イラストがとても繊細かつ世界観がしっかりしていたりするので、イラスト好きな方にもお勧めできる作品ではないかと思いますね。

あとは、対人間の戦いがあるので、コンピューターに勝つよりも、もしかしたら勝った時の喜びが高いので、そういった感情を味わいたい方、刺激を求めたい方、白熱したい方にはとてもおすすめできるのではないかなと思いますね。