お得/話題/情報

ジムのサウナ、入るタイミングは?

ジムって通っていたりしますか?

運動好きな方や最近ちょっと太ってきたなと感じた方は、ジムに通って運動したいなと思う事もあるかと思います。

今回は、ジムの利用方法などではなくサウナの入り方について詳しくお話しします。

ジムをこれから利用してみたいという方には参考になる内容が多いはずです。

ジムの設備の一つとしてサウナがあったりする事が多く、サウナがあるからジムに通いたいという方もいるかもしれません。

まずは、サウナが始まったきっかけについて知っておきましょう。

サウナが始まったきっかけ

サウナが始まったきっかけは、日本ではなくフィンランドです。

日本のサウナでは、最後にお風呂に入ったりしますが、フィンランドでは、寒くても暑くても水泳をします。

フィンランド自体とても極寒なため、水泳をすると体感温度は、かなり低いかと思います。

サウナにいつ入ったら良い?

ジムですぐにサウナに入らない方が良い

冷たい水のお風呂とサウナを交互に入って、血管を細くします。

個人差はありますが、疲労回復効果があります。

トレーニングする前にジムに来てすぐサウナに入るのはおすすめできないですが、トレーニング後に筋肉をほぐした事で溜まってしまった乳酸をなくすためにサウナに入るのはとても良いかと思います。

トレーニング後にサウナに入るとどんな効果があるの?

先程もお話ししましたが、サウナは、血行を良くして体に溜まってしまった疲労などを取り除くために行われるものです。

体に良くないものが排除されることにより、個人差はありますが、代謝が上がったり、痩せやすくなります。

そのため、ジムでしっかりとトレーニングしても体重がなかなか減らないと悩んでいる方は、ジムのトレーニング後にサウナに入ると良いです。

トレーニング後、最も良いサウナに入るタイミングは、半日から1日経過した後がおすすめです。

トレーニング後、どのタイミングでサウナに入ったら悩んでいる方は、お話しした内容で試してみると良いのではないでしょうか。

サウナに毎回入る時間がないという方は、最低でも月に1回トレーニングしてから半日から1日空けた後にサウナに入ると良いです。

トレーニング後、数日後が何故良いかというとトレーニングをすると筋肉が炎症を起こしてしまうので、その炎症が収まった後が良いからです。

サウナに入ると通常よりもさらに汗をかくため、新陳代謝が良くなり肌も綺麗になります。

肌を再生するためには、28日間かかると言われているため、日々の努力の積み重ねによって肌がどれだけ綺麗になるかが決まります。

サウナは、痩せやすく、肌も綺麗になり、疲労も回復しやすくなるため、メリットが多かと思います。

休憩しながらサウナに入るのがおすすめ

どのタイミングで休憩したらいいの?

入り方を間違えてしまうと体調不良になってしまう可能性が高いです。

そのため、サウナに一回入ったら慣れるまで長時間入らず、定期的に休憩をとると良いです。

サウナに入る前にたくさん水分補給をして、体にお湯をかけて、濡れている体を綺麗にふき取ってからサウナに入ります。

サウナ経験が少ない人にとっては、数分でもサウナ内にいるのが辛いかもしれないので、

短い時間でサウナから出る事をおすすめします。

サウナから出た後は、1分ほど水風呂に入って体を冷やして、冷やした後は、またサウナ行きます。

数回繰り返した後は、しっかりと体を拭いてから、休憩スペースなどで水分をたくさんとる事をおすすめします。

サウナの中は、上段、下段と座る位置が変わります。

まだサウナに慣れていない人は、上段がおすすめで、サウナ経験がある人は、下段に座る事をおすすめします。

ちなみに熱が出ている時にサウナに入ってしまうと、身体の免疫力が弱っていて、体調が悪化する可能性が高いのでやめた方が良いです。

しかし、サウナに入って身体から熱を放出する事で熱が下がったり、がん細胞が死んでしまう温度よりも高い温度の熱をサウナで体感するため、がん細胞と戦えます。

サウナを出たり入ったりする事で、自律神経が活発に刺激され、自律神経が原因の不眠などの症状が改善しやすくなるとも言われています。

サウナに入るときはマナーを守って

ここまでジムでのサウナの入り方など詳しくお話しましたが、温泉などと同じようにサウナ内にもルールがあります。

1つ目 身体が濡れた状態で入室しない事

身体をしっかりと拭いてからサウナ内に入室しましょう。

その方が衛生的にも良く、サウナの効果も表れやすいです。

2つ目 サウナに出入りする時にドアをすぐに閉める

サウナに入ってきた人の中で、すぐにドアを閉めない人が多いですが、サウナ内の熱を外に逃がさないようにできるため、入室したらすぐドアを閉めましょう。

3つ目 サウナ内で身体を搔いたりこすったりしない

サウナ内で身体を搔いたり、こすったりすると不衛生となるため、やめましょう。

4つ目 歯を磨いたり、髭を剃ったりしない

歯を磨いたり、髭を剃ると体が濡れたまま入るのと同じで

5つ目 サウナ内で会話が盛り上がってしまい騒がしくする

サウナ内では、ほとんどの人が無口のため、騒がしくしない事をおすすめします。

▼まとめ

今回は、ジムのサウナの入り方についてお話ししました。

サウナの入り方について知りたい方は参考になる内容が多かったのではないでしょうか。

サウナが始まったきっかけは、日本ではなくフィンランドです。

日本のサウナでは、最後にお風呂に入ったりしますが、フィンランドでは、寒くても暑くても水泳をします。

フィンランド自体とても極寒なため、水泳をすると体感温度は、かなり低い。

ジムでしっかりとトレーニングしても体重がなかなか減らないと悩んでいる方は、ジムのトレーニング後にサウナに入ると良いです。

トレーニング後、最も良いサウナに入るタイミングは、半日から1日経過した後がおすすめです。

トレーニング後、どのタイミングでサウナに入ったら悩んでいる方は、お話しした内容で試してみると良いのではないでしょうか。

サウナに毎回入る時間がないという方は、最低でも月に1回トレーニングしてから半日から1日空けた後にサウナに入ると良いです。

トレーニング後、数日後が何故良いかというとトレーニングをすると筋肉が炎症を起こしてしまうので、その炎症が収まった後が良いからです。

サウナに入ると通常よりもさらに汗をかくため、新陳代謝が良くなり肌も綺麗になります。

肌を再生するためには、28日間かかると言われているため、日々の努力の積み重ねによって肌がどれだけ綺麗になるかが決まります。

まとめ

サウナは、痩せやすく、肌も綺麗になり、疲労も回復しやすくなるため、メリットが多かと思います。

入り方を間違えてしまうと体調不良になってしまう可能性が高いです。

そのため、サウナに一回入ったら慣れるまで長時間入らず、定期的に休憩をとると良いです。

サウナに入る前にたくさん水分補給をして、体にお湯をかけて、濡れている体を綺麗にふき取ってからサウナに入ります。

サウナ経験が少ない人にとっては、数分でもサウナ内にいるのが辛いかもしれないので、

短い時間でサウナから出る事をおすすめします。

サウナから出た後は、1分ほど水風呂に入って体を冷やして、冷やした後は、またサウナ行きます。

今回お話しした内容を参考にサウナに正しく入って健康的な身体を目指すと良いです。