お得/話題/情報

TOEIC[700-800点台伸び悩む人向け]900点を取る勉強法

TOECI900点を目指すということは、すでに700-800点台を取得している人であるかと思います。あと少しのところで、点数が伸びないと悩んでいるのでかないかと思います。私自身もそうでした。今回は経験からTOEIC900点以上を取りたい方におすすめしたい勉強方法を紹介しようと思います。ぜひ参考にしてください。

TOEIC900点目指す勉強方法「800点台で悩む人向け」

私自身、TOEICは850点を所有していました。基本的な英文法や単語の知識は身につけており、長文の読解力には自信がありました。しかし、TOEICの点数では伸び悩みました。というのも、TOEICが要求する英語力というものには、少し偏りがあるからです。

そのため、私はできる限りTOEICの問題形式に慣れるようにしなければと思いました。単語や文法の知識が不足しているのであればその勉強をしなくてはなりませんが、私の場合はとにかく問題数をこなすようにしました

900点の壁はTOEICの問題形式に慣れること

Free-Photos / Pixabay

私がTOEIC900点以上を取りたい方におすすめしたい勉強方法は、とにかくTOEICの問題形式になれるようにする勉強方法です。TOECI900点を目指すということは、すでに700-800点台を取得している人であるかと思います。

そういった人は基本的な英文法力・読解力は持っているかと思いますので、そこから勉強すべきことはTOEICの独特な形になれることです。TOEICはビジネス向けの英語試験なので、出てくる語彙等にかなり癖があります。また問題形式は慣れていないと解き難いものが多くあります。そのため、できる限りTOEICで使われる単語を発見しつつ、かつ形式に慣れるために、模擬問題を解きまくることをお勧めします。

ちなみに問題形式に慣れるために使った問題集はこちらです。

 

この勉強方法は生活リズムを見直すきっかけとなった

私がTOEICの問題を解きまくる勉強方法をすることで、生活面では規則正しい生活ができるようになりました。普段は仕事をしていますので、仕事をする上でTOEICの勉強時間を確保することになると、かなり上手に自分の時間をマネジメントしなくてはなりません。

そのため、自身の生活を見直すとてもいい機会になりました。私はできるだけ無駄な時間を切り詰めて、時間を捻出し、TOECIの学習に当てました。解きまくり学習は、時間がかかりますので、多くの時間を捻出する必要がありました。

メリットとデメリット

lukasbieri / Pixabay

私が提案する解きまくり学習方法のメリットは、とにかくTOEICの形式に慣れることができることです。解きまくることで、自然とTOEICによく出てくる単語や、問題の形式を理解することができます。そうすることで問題を解くスピードが上がり、TOEICの点数をあげることができます。

デメリットは、時間がかかることです。解きまくりの学習方法では、特に山をはったりすることができません。とにかく時間をかけてなれるしかないので、時間がかかることは避けられません。

まとめ

TOEIC900点を目指している人にとっては確実に効果がある学習方法です。これを行うことで確実に点数をアップすることがでいます。先ほどから述べていますが、900点を狙うのであればTOEIC独自の問題形式を克服することは必須です。

そのためには時間をかけて自分の感覚でTOEICの形式を理解することが必要です。どういう問題形式かを把握することができれば、点数があがるのは間違いありません。この勉強方法で点数をあげましょう。