ライフスタイル

[TP-LinkのWIFI無線LAN中継器RE200]お金をかけずにネットの速度を速くできる?

TP-LinkのWIFI無線LAN中継器RE200使用レビュー!インターネットの速度が遅くて困っている、できるだけお金を掛けずに安く手軽にインターネットの速度を速くしたい。という方にTP-Linkの中継器は最適な商品だと思います。

また、TP-Linkの中継器は値段も安いので、中継器を使うのは初めてだからとりあえずお試しで使ってみたいという方にもピッタリです。

TP-LinkのWIFI無線LAN中継器RE200紹介

この中継器という商品は、自宅内のWi-Fiの電波を増幅して(強くして)快適にインターネットを使えるようにするための商品です。なので、自宅でWi-Fiを使っているけれど、速度には全然満足してないな~、と感じている方なら基本的にどなたにもおすすめできる商品です。

とりわけ、2階建て以上の一戸建て住宅に住んでいて1階と2階のどちらかにWi-Fiルーターを置いている方、WIMAXやソフトバンクのモバイルルーターなどをメインで使っている方、本当はルーターからLANケーブルで有線接続したいが理由があってWi-Fiに頼らざるをえない方で、「インターネットの速度がイマイチだなぁ」と感じている方には、とても効果が期待できる、インターネットの速度を劇的に速くしてくれる可能性が高い商品なので、ぜひ使ってみてほしいです。

中継器を使うきっかけ

私が住んでいる地域は、かなり田舎なので光回線が開通していません。そのため、インターネットを使いたければ、ADSLやWIMAX、ソフトバンクなどのWi-Fiルーターに頼らざるをえません。

私はauのWIMAXを利用していますが、私の家(2階建ての戸建て住宅)の場所が良くないのか、あまり電波状況が良くありません。しかもルーターは2階に置いてあるので、1階の私の部屋でのインターネット速度は一番いい時で、大体5Mbpsくらいです。

常に5Mbpsなら問題ないのですが、雨の日や、混雑する時間帯になると一気に速度が落ちて、700~800kbpsになってしまうこともしばしばです。ひどい時には、100kbpsしか出ないこともあります。こうなると、Yahoo!やGoogleのトップページすらまともに開きませんから、本当に悩んでいました。

そこであれこれと調べた結果、たどりついたのが中継器の存在だったのです。

TP-LinkのWIFI無線LAN中継器RE200とは

この中継器というのは、簡単に言うと、Wi-Fiルーターの電波を受信して増幅してくれる装置です。

例えば、2階にWi-Fiルーターの本体を置いた場合、2階なら当然電波が強いのでインターネットの速度も速く快適に使えます。これは当たり前ですよね。

ところが、2階にWi-Fiルーターの本体を置いて、1階で使おうとしたらどうでしょうか?
当然、2階で使うよりも電波が弱くなってしまうことは想像がつくと思います。

家の構造や2階のどこにWi-Fiルーターの本体を置くかにもよりますが、2階から1階に届くまでに電波の強さは、およそ半分から1/3くらいまで弱くなってしまいます。こうなると2階ではそこそこ快適な速度が出ていても、1階では遅くて使い物にならないなんてことがよく起こります。

こんなときこそ、中継器の出番です。例えば2階にWi-Fiルーターを置いたら、今度は中継器本体を1階のコンセントに差し込んで電源ボタンを押すだけです。

たったこれだけで、2階から1階に来るまでの間に弱くなってしまった電波を中継器が受信して、強い電波に戻してくれます。

あとは、中継器とパソコンやスマホを接続すれば、1階にいながら2階にいるかのような速度でインターネットを快適に使うことができます。

 

設置後の回線状況は?

なんといっても、インターネットの速度が劇的に向上したこと。この一言につきます。
もちろん、完全に2階のままの速度というわけにはいきませんが、私の家では2階の8割ほどの速度を出せています。

以前は、雨の日やインターネットが混雑しているときは、あまりの遅さに、毎回ストレスをためながら作業をしていましたし、ネット速度を測定して、数値に一喜一憂することもしばしばでしたが、この中継器を使うようになってからは、そのようなイライラから解放され、快適にインターネットを使うことができています。

一時期は、1階用にもう一台WIMAXを申し込もうかと本気で考えていましたから、そう考えると、お金の節約にもなる優れた商品だと思います。

おすすめポイント

中継器のセールスポイントは、2000円~3000円くらいの比較的安い金額で、インターネット速度を劇的に改善できる可能性があるということです。わざわざWi-Fiルーターをもう一台申し込んで、余分な月額費用を払う必要は一切ありません。

もう一つは使い方(接続方法)がとても簡単だということです。上にも書きましたが、Wi-Fiルーター本体の電源を入れてから、中継器をコンセントに差し込んで電源を付ける。そして、パソコンやスマホを中継器と接続(接続する無線LANの一覧に中継器が表示されます)する。作業はたったこれだけですから、機械の操作が苦手な方でも安心して使えます。

2階からLANケーブルを引っ張ってパソコンにつなげるなんて、面倒な作業からも解放してくれます。

https://soulmate813.com/topic-5/

デメリット

私の家では、特にデメリットらしいものは出ていないのですが、強いて言えば、中継器を設置する場所に、ある程度工夫が必要というか、場所を選ばなければならないということです。中継器はあくまでも2階から来た電波を受信して、増幅することが仕事ですから、2階からの電波を効率よく受信できる場所に設置しないと意味がありません。

例えば、2階に中継器を置いているのなら、1階と2階を結ぶ階段を降りてすぐの所にあるコンセントに差し込んで使うなど、2階からの電波をうまく受信できる所に設置した方が、当然効果は高いです。実際、私の家でもそうやって使っています。

中継器のデメリットをまとめると、設置する場所をある程度選びますよということ。
改善点は、受信した電波の強さによって、増幅する度合いを変えて欲しいということです。