お得/話題/情報

 英会話を話せるようになる!英語の勉強に対するの3つのコツ紹介「ペラペラになりたい人向け」

f:id:buchibuchi4647:20180514133919j:plain

英会話を身につけるコツとはいったい何だと思いますか。英語を勉強しているのに英語が話せないで悩んでいる人も少なくないはず。本日は英語が話せるようになる3つのコツを紹介します。基本的なことですが、この点を知っているか、知らないかで英会話において大きく変わってきます。

 

 英会話を話せるようになる!英語の勉強に対するの3つのコツ

英語が話せるためには?その答えは意外とシンプルです。しかし、その答えを知らずにもがき続けている人がたくさんいます。これからますます英語に対するニーズが増えてくる中で、英語の勉強をスタートする前にこの記事を読んで、しっかりと英語のコツを掴んでおきましょう。

英会話を身につけるコツ1

通常、海外旅行が英会話レッスンの最善の機会であり、英会話はそもそもただ目で見て読んで学ぶだけではなく、直接旅行中に使ってみて、やっとのことマスターできると言われています。なるべく多くの慣用表現を聴き覚えることは、英語力を培う上で重要な学習方法であり、英語を自然に話す人たちは実際的にしょっちゅう慣用句を使って今ます。

慣用句とは

慣用句とはフレーズの塊のことをさしています。例えば、あいさつで「how are you ?
」や「how’s it going today?」など日常会話でバンバン使われる会話をそのまま覚えることが大切です。

受験英語では、単語1つ1つを暗記していたかもしれませんが、それを英会話では効率的とは言えません。ネイティブが実際に使っているフレーズをあなたも使うことが重要なのです。

英会話を話すコツ2

f:id:buchibuchi4647:20180514094158j:plain

世間では、幼児が言語を認識するように英語そのものを学ぶと言い表されたりしますが、幼児が着実に話ができるようになるのは、当然ですが物凄くたくさん聞いてきたからなのです。「他人の視線が気になるし、外国人そのものに硬直してしまう」という日本人が多くはまっているこのような2パターンの「メンタルな壁」を撤去するだけで、英語ならばたやすく話せるものです。

失敗を恐れないことが成功の道

英会話を学習するための心掛けというより、実際英語をしゃべるときの姿勢になりますが、言い間違いを心配しないで大いにしゃべる、この気構えが英会話が上達するコツなのです。アメリカの大規模会社のカスタマーセンターの多くの部分は、ほんとうはフィリピンにあるわけですが、電話で話し中のアメリカの人達は、向こうがフィリピンにいるなんて気づきません。

英会話のコツ3

f:id:buchibuchi4647:20180514094140j:plain

英語を自由に話せるようにするには、特に「英文を正しく解釈するための文法」といった基本ルール(文法問題に強くなるための受験勉強と別物と考えています。)と「最低限の語句の知識」を頭にたたき込む努力が大事になってくるのです。

英語で会話する練習や英文法学習自体は、とにかく念入りにヒアリング練習をやったのち、いわゆる暗記することに執着せずに英語に慣れていくという方法を採用すると言うものです。暗記することに集中してしまうと、実践形式に踏み込むことがなかなかできません。とにかく、基本的なことだけを抑えて、経験しながら、暗記することが大切です。

レッスン時の注意ポイントを明示した実践さながらのレッスンで、外国文化特有のふだんの習慣やエチケットもいちどきに体得することができて、意思疎通の能力をも身につけることができます。

一般的にアメリカ人と対面するチャンスは多くても、フィリピン、インド、メキシコ等の人達と英語で話して、身をもって訛った英語をリスニングできるということも、肝心な英会話能力の大切な条件なのです。

また、ヒアリングマラソンとは、語学学校のかなり人気の高い講座でインターネットとも連動していて、システム的に英語を用いる実習が可能な格段に優れた学習教材なのでオススメです。

英語を勉強している先輩達に近道(鍛錬することなくという訳ではありません)を教わることができるのなら、手短に効率よく英語のスキルを伸ばすことが可能ではないでしょうか。

日本的思考はやめよう

ひとまず安易な直訳は排斥し、欧米人が発する言い方をそのまま真似する。日本語の思考法で適当な文章を書かない。普通に使われる表現であればある程、日本語の表現を変換しただけではナチュラルな英語になりません。

実践形式は多岐に渡ります

最近人気の英会話カフェのトレードマークは、英会話をするスクールと英会話のできるカフェが合体している部分にあり、あくまでも、カフェ部分だけの利用方法も可能です。まずは、その現場に足を踏み入れることからスタートするのもいいかと思います。

有名なロゼッタストーンは、英語だけでなく30言語以上の会話を体験できる学習教材なのです。ただひたすら聞く事はもとより、喋ることができることを目標にしている人達にベストのものです。

まとめ

日本の英語教育の中で育ってきた人は何かと直訳する傾向がありますが、英語を本当に話したいのであれば、その意識は捨てた方がいいです。英語と日本語は言語として別物である点から、英語を学習するようにしましょう。

英語を英語のままで考えるとよく言いますが、まさに英会話ではその考え方が大切になってきます。その意味が本当にわかる人こそ、英会話の勉強方法が理解でき、効率的に学習できると言えます。