お得/話題/情報

英語初心者向け!英会話を話せるようになるために確実に進むべき4つのステップ紹介

f:id:buchibuchi4647:20170608111020j:plain

英会話を身につけるためにあなたが進むべきルートとは?英語を話せるようになるには文法や単語の暗記は必要だと思いますか?英会話初心者であれば、一度は考えたことがあると思います。本日は、英語を話せるようになるためにあなたが確実に進むべき4つのステップを紹介します。

 

 英語を身につけるための4つのステップを紹介

英語を話せるようになるなら、1日でも早い方がいいと思うのは当たり前だと思います。ではそのためにあなたは何をどのように学習していけばいいのか。英会話を身につけるためにいろいろな学習法が紹介されていますが、どれを信じたらいいのかわからないと思います。そんなあなたに向けて本日は英語を身につけるためにあなたが確実に進まなければならない4つステップを紹介します。参考にしていただけるとありがたいです。

英会話で確実に必要な4つのステップ

英語をモノにするには、特に「英文が読める為の文法」(文法問題に答えるための学習と識別しています。)と「確実に抑えなければならない単語」を我が物とする努力がなければならないのです。

話題のニコニコ動画のような動画サイトでは、勉強するための英会話の動画の他にも、日本語の語句、日常的に活用する文句などを英語でどのように言うかをひとまとめにした映像を視聴できるようになっています。また、NHKラジオで放送している英会話の語学プログラムは、どこにいてもPC等で勉強できるので、ラジオ放送番組にしては大変な人気で、費用がかからずにこれだけ出来の良い語学教材は他に類をみません。

スピードラーニング

あなたも一度は聞いたことがある有名なスピードラーニングというものは、収録されている言い方自体が生きた英語で、日常的に英語を使っている人が生活の中で使うような類の口語表現が基本になるように収録されています。価格はそれなりにしますが、いまだに人気商品であるということは、効果があると言えるでしょう。

しかし、スピードラーニングは継続して効果が得られる教材です。自分の性格から飽き性な人はあまり向いていないかもしれません。

映画から学ぶ

多くの人に利用されているYoutubeや、無料のWEB辞書とかfacebookといったSNSの使用によって、日本にいたままで楽に英語まみれの状態が作り出せて、なにより効果のある英語を学習することができます。

子供に人気の高いトトロや千と千尋の神隠し、魔女の宅急便などの英語用を視聴すれば、英語版と日本語版のちょっとしたニュアンスのギャップを実際に知る事が出来て、興味をかきたてられるはずです。

あなたの馴染みのあるアニメや映画であれば、すでに内容を知っているので英語が頭に入ってきやすいと言ったメリットがあります。僕自信の経験からもこの方法は本当にオススメしています。

英語というものは、分かり易く言えば、表現そのものがぐんぐん聞き取ることができる段階に至ると、相手の言葉を一つの単位で記憶の中に蓄積できるようになります。

文法学習は重要なのか

f:id:buchibuchi4647:20170607220309j:plain

いったい文法の学習は重要なのか?という大論戦は四六時中されているが、私の経験談では文法を知っていると、英文を把握する時の速度がめざましく跳ね上がるようですから、のちのちすごく役に立ちます。

自分の経験では英単語学習ソフトを駆使して、ざっと2年位の勉強経験だけでアメリカの大学院入試に通用する程度のボキャブラリーを習得することが可能でした。受講中の注意点を明確化した実践型授業をすることで、他の国独特の日常的習慣やエチケットも簡単に体得することができて、コミュニケーションする力をもアップさせることができます。

音のつながりも大切

英語というものには、固有の音の関連というものがあることをわきまえていますか?こうした事柄を着実に理解していないと、どれだけ英語を聞いていったとしても全て聞き分けることが適いません。

「楽しみながら学ぶ」をキーワードとして、英会話の実力を磨き上げる英会話学校があります。そこではその日のテーマにマッチした対談を用いて話す能力を、トピックや歌等の色々なテキストを使うことで聞く力を底上げします。

ビジネスにおいての初回の挨拶は、その人のファーストインプレッションに直接繋がる大きな一要素と言われています。失敗なく英会話での挨拶が可能になるポイントを何よりも先に把握しましょう。あいさつなんて簡単と思っていても、現場になると意外にできないものです。普段から練習をしましょう。

つながりを意識すると相手に伝わる

あなたは、英語でよくいう「Get up」や「Sit down」といった語句を、2つの語を離して「ゲット・アップ」や「シット・ダウン」というように発音していませんか?これについては「ゲラッ(プ)」「セダン」と発するように練習した方がいいです。このルールはリエゾンと言ったものが関係してきますが、その仕組みを正しく理解するだけであなたの発音が驚くほどに変わってきます。

まとめ

一般的に英会話では、ひとまず文法や単語を記憶することが必須だが、特に英会話のための狙いというものをきっちりと設定し、意識せずに作ってしまっている精神的障害をなくすことが大切です。

つまり、目標としている場所はどこであるかをしっかりと決めることが大切です。英語を話せるようになるのであれば、それに合わせた文法や単語の学習方法があるということです。その点を意識しないで、がむしゃらに文法や単語を覚えただけでは結局、遠回りになるかもしれないということです。