ライフスタイル

クサイ汗の原因とは?効果的に抑える7つの対策法紹介「体臭で悩む人向け」

体臭や汗のニオイで悩んでいませんか。汗の匂いはどうにかできないものなのか。汗のクサイ匂いによって周囲が気になり悩んでいませんか。体質的な問題ではなく、もっと他に原因があることを知っていますか。本日はあなたの体臭を根本的に改善する効果的な方法と原因を紹介します。

 

 汗のクサイ匂いの原因と効果的な対策方法紹介

この記事を読んでいるということは、あなたは人よりも汗に対して敏感なはずです。制汗スプレーを使用したり、お風呂も毎日入っているに関わらず、自分の汗が本当にクサイと悩んでいるのではないでしょうか。

特にこれからの季節は汗でもっと悩むと思います。汗をかくことで友達や周囲の人と気兼ねなくコミュニケーションができない悩みを抱えていませんか。この汗臭い匂いさえなんとかできればと思っていませんか。

汗の臭いニオイをを予防するために今まで色々試してきたが、ダメだったかもしれません。しかし、根本的にもっと大切なことがあることをあなたは知っていますか。今回の記事を通じて、汗としっかり向き合い、適切な対策をすることでこれからの季節は笑顔で過ごすことができるでしょう。

汗の臭い原因とは

汗は臭いとよく言われますが、なぜあんなにも汗は臭いのでしょうか。その原因をあなたは考えたことや調べたことはありますか。実は、人が運動した時や暑い時などにか汗は無臭で体臭に対して直接的な原因ではありません。しかし、なぜ、汗=クサイと思われてしまうのでしょうか。

汗の原因は細菌

汗臭いなってあなたが感じている本質的な原因は「細菌」です。汗はエクリン腺という汗腺から出てくるのですが、発生した時点ではニオイはありません。ただの水分なので、無臭です。そのエクリン腺から出た無臭の水分に、皮脂や垢といったものが混ざり雑菌が増えることで、はじめてあの臭さが発生します。

汗の湿気とともに、アルカリ性のある雑菌にとっては快適な環境ですので、どんどん繁殖して活発的な活動をはじめます。このときイソ吉草酸(いそきっそうさん)などの低級脂肪酸やアルデヒドといったいっそう臭いニオイのある物質が発生するのです。

また、汗には良い汗と悪い汗があります。良い汗はサラサラしていて蒸発しやすく、雑菌も繁殖しにくくなっています。しかし、悪い汗には蒸発しにくく細菌が繁殖しやすいために臭いニオイを発生させる原因となっています。

悪い汗がでる原因

ニオイを発生させている悪い汗の原因として主に3つあります。

運動不足

運動不足になると、汗を発生させる部位にあたる汗線の機能が弱まっているので、汗をかいたときに、悪い汗が出てしまいます。

偏った食生活

食生活の乱れも悪い汗を発生させる原因となります。特に肉類や脂っこいものは悪い汗を発生させやすいです。

緊張

緊張すると汗をかいた経験ってあなたもあると思います。一時的なものなら大丈夫ですが、常に緊張状態では汗を大量に発生させてしまうので悪い汗の原因となります。

 

理想的に言えば、汗をかないようになれば自動的に雑菌が繁殖する機会も少なくなるため、臭いがしなくなるというわけです。現実的に考えて汗をかかないってことは無理なので、悪い汗をかかないようにするための効率的な改善策を紹介していきます。

臭い汗を防ぐための対策紹介

f:id:buchibuchi4647:20180514094116j:plain

汗の匂いの原因は理解できたと思います。こここからは汗をいかにして出さないようにするかを考えて、紹介していきます。

デオドラント対策

汗の臭い対策ということで、普通真っ先に思いつくのがデオドラントグッズの利用だと思います。デオドラント剤には効果的な使用タイミングがあります。世の中には、汗のニオイ対策用のケア製品が数多く出回っています。あなたも一度は購入した経験があると思います。ニオイを一時的に防ぐ程度ならデオドラントで十分だと思います。

ミョウバン水を使う

中世の時代から伝わるデオドラント剤として、ミョウバン水があります。制汗効果と同時に細菌の繁殖を抑える効果がありますので、オススメです。お値段もお手頃で、30gで100円前後のことが多いようです。冷暗所の保管で1ヶ月程度はもちます。

服装を変える

汗の臭いをひどくする要因の1つに、洋服があることは知っていましたか。汗をかいてもなかなか乾かない衣類を着用していると細菌の原因となります。汗を吸収しやすく発散しやすい衣類を身に付けたいところです。

特に汗をかいていないからといって洗濯しない人もいると思います。これは細菌を繁殖させる1番の原因です。こうゆうことの積み重ねが「ワキガ」になってしまいます。

また、天然素材なら大丈夫と思いがちですが、一概にそうは言えません。これでは雑菌の温床となってしまいます。近頃様々なメーカーから「吸水性」と「速乾性」を併せ持つ高機能素材のインナーやウェアーが出ていますので利用しましょう。

服の形状としては、ぴったりタイトなものではなく、ゆったりとした風通しのよいものの方が汗が蒸発しやすいのでオススメです。

洗濯を工夫しましょう。

洗濯の際、漂白剤や重曹を使うことで細菌を抑えることができます。香る柔軟剤や、衣服の消臭剤を使用して臭いを消すのもいいです。

サプリメント

消臭サプリを利用して体のなかから悪臭対策することも対策方法の1つです。ニオイのもとを、体の内側から改善するのにピッタリです。そうすることで体臭予防だけでなく口臭対策も期待できるので2重の効果があります。

食事の改善

食事は、あなたの体の機能を正常に導きます。どんなに高価な美容液を使った場合でも、栄養バランスのとれた継続的な食生活にはかなわないのです。したがって、雑菌が繁殖しないような努力をすることが大切なのです。

タオルでふく

雑菌が混ざり合い繁殖し、体臭へと変化してしまう時間を考慮すると1時間〜2時間ごとにタオルで体を拭くように心掛けましょう。そうすることで体臭の発生を未然に防ぐことが出来ます。

ポイントは渇いたタオルであなたの身体を拭かないことです。拭くときにまた乾いたタオルで拭いてしまうと、すぐにまた水分が体から出てきてしまいます。渇いたタオルを使用してしまうと肌表面の水分を全て拭き取ってしまい、体が肌を潤そうと余計に水分を出してしまいます。

そうなってしまうと、再度タオルで身体を拭かなければいけませんし、拭くときにまた乾いたタオルで拭いてしまうと、すぐにまた水分が体から出てきてしまいます。
体を拭くタオルは一度水で少し濡らし、固く絞ったものを使います。適度に水分を含んだタオルを使用すれば、肌の乾燥を防ぎ、それ以上余分に水分を出すようなことを防ぐことが出来ます。

まとめ

すっきりとした良い香りにしてくれるだけではなく、雑菌の繁殖を防ぐ殺菌作用や体から水分が出るのを抑える効果もあるので、本日はあなたの気になる汗のニオイの原因と効果的に抑える方法を紹介しました。あなたがこの方法から実践できそうなものを選んで、チャレンジしてください。あなたはこの記事を読んで匂いの原因を理解したと思います。

もし今まで、単純に制汗スプレーのみに頼っていたのであれば、これらの方法によって新たな生活を手に入れてください。ニオイを気にしなくていいんだって想像しただけでも心が晴れてきませんか。

あなたがこの記事を読んで少しでも明るく楽しい生活を過ごせるように願っています。最後まで読んでいただきありがとうございます。