ライフスタイル

【自分に自信のない人】他人と比較せず前向きになる簡単な方法紹介

自分と他人を比較しなくなり、自分に自信が出て前向きに生きれるようになる知識です。自身のない人・自分を変えたい人向けの記事となっています。私自身もマイナス思考な人間でした。しかし現在は過去形として受け止めています。

他人と比較しない自分とは?自分に自信をもつ方法

情報を入手したのはYouTubeでした。当時無職でYouTubeを見まくっていました。その時に心理カウンセラーさんのYouTubeにたどり着き、何気にたいして期待もせずに見てみました。

しかし、当時の私は失業して未来に期待も持てず、わずかな光を求めて行動していたのかもしれません。

家族との関係も悪く、毎日自分を責めて生きていました。そんな中、見つけた動画です。自分に自信をつける方法をまとめた動画でした。

7つ紹介しており、全て素晴らしい内容でしたが、その中のひとつに一際感動したのを覚えています。こんなに簡単なことなのに効果抜群でした。自分を責めて他人と比べて自分の自信を喪失する悪循環から少しづつ抜け出せました。

私は私。あなたはあなた。

ある精神科医が書いた詩です。それを毎朝声に出して読むだけで、自信をもって行動できるようになるというものです。その詩の名前はゲシュタルトの祈りという詩ですが、精神科医パールズさんが書いた詩です。

これは昔パールズさんがゲシュタルト療法で用いていた詩なのですが、現在でも十分に通用する内容です。

課題の分離という心理学が詩になっているようです。詩の内容は「私は私のことをする。あなたはあなたのことをする。私は、あなたの期待に応えるために生きているわけではない。そしてあなたも、私の期待に応えるために生きているわけではない

私は私、あなたはあなた。もしも偶然、私たちの心が触れ合うならば、それは素敵なことだ。もし触れ合えないとしても、それは仕方のないことだ。」という詩になっています。

自分の成長を見つめる大切さ

私はこの詩を聞いて、すーっと体が軽くなるのを感じました。私は私のことをすればいいんだと。あなたはあなたのことをしてください。と私の代わりに言ってくれたような感じになりました。

思い切って私はこれを紙に書き、トイレに貼りました。すると家族仲も変化していき、それぞれが他人に文句を言うことも減り、自分のことに集中していい雰囲気が流れ始め、それぞれが大人へ変化していったように感じます。

そんな風に変わっていくことで私も自分のことが前向きに考えられるようになっていき、人間関係も改善され始めました。

そして何よりも、本当に自分と他人を比べず、ただただ自分の成長を見つめることの大切さに気づくことができ、明るい気持ちで人生を歩き始めることができました。

https://soulmate813.com/henzutuu-nayami-gairai-ryouhou/

まとめ

人生で迷っている人や、人間関係や家庭でトラブルを抱えている人、他人と自分を比較して落ち込んでしまう人、自分の幸せがなにか分からない人に参考にして頂きたいです。私はその詩はYouTubeの動画で知りましたが、ゲシュタルトの祈りで検索すると情報が出てくるので、調べてみると面白いと思います。

本当に色々な人がこの詩に助けられていることを知りました。ただただその詩を毎日見るだけでもとても気持ちが軽くなります。言葉に出すと、もっといいでしょう。トイレにも貼りましたが、自分の部屋にも貼って、何か悩んだらその詩を見つめて、気持ちを落ち着かせています。スマホと紙とペンがあれば十分です。